屋根裏の羊

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年12月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

十二月の最後の金曜日の夜。他人の幸せ。

No image

街はなんだかいつもよりせわしなくて人がたくさん。カフェにいると、まわりからはいろいろな人の笑い声が聞こえる。わたしの知らない人がわたしの知らない理由で笑っていて、幸せそうに見えるのはなんだか良い。自分とはなんの関係もない幸せは、とても気楽でふんわりとしている。人のうちのわんぱくな子猫を見ているような気持ち。わたしは何もしないでいい、ただながめているだけ。うちの猫はいつまでも子猫みたいな猫だ。...

  •  0
  •  0

十二月の最後の木曜日の夜。縫いぐるみ。

No image

子供の頃、夜寝る前に縫いぐるみにむかってよくお願いをした。明日の朝起きたら本物になってますようにと。絵本の中には、生きている縫いぐるみたちがよく出てきた。うさぎの縫いぐるみのフェリックスはひとりで世界中を旅するし、プーやよるくまは一番の親友になってくれる縫いぐるみだった。縫いぐるみが動いて話したら、きっとびっくりするくらい善良でやくたたずで、へんてこなことばかり言う素敵な友達になるにちがいないとい...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。